【福島県昭和村】働く手のぬくもりと、陽だまりのような布

昭和村・リョウさん

ひとの手が成す、暮らしの宝を訪ねて。【福島県昭和村】特集、続けます。

【福島県昭和村】廃校から37年。次の世代へ喰丸小学校という「カノン」をつないでいくために

【福島県昭和村】私の夢は、織姫さんに託された「想い」を結集し、昭和村から「新しい風」を吹かせていくこと。|奥会津昭和村振興公社 本名民子

齋藤環さん

【福島県昭和村】村を出ると決め、直前に取りやめた。あれから10年、「からむし栽培」を続け、私はいまもこの村に暮らしています。|工房toarucafe 齋藤環

【福島県昭和村】ここで根付けなかったら「帰れよぉ」って言うの。振り返った時、「いい昭和村だったぁ」って思ってもらえればそれでもいいと思ってね。|齋藤トキイ

山内えりこさん作品

【福島県昭和村】目指しているのは、生きるため、食べるために時間を使い、「もの」を生み出す暮らしかた|山内えり子

からむし

【福島県昭和村】だいじなのは、ここでの「いとなみ」が変わらずに巡っていくこと。からむし布のこれからを探りながら。|「渡し舟」渡辺悦子・舟木由貴子

福島県大沼郡昭和村

【福島県昭和村】畑から布がつくられる不思議。からむしに引き寄せられて、この村にやってきた。

昭和村とからむし

土からうまれた糸を継ぐ【福島県昭和村】特集、はじめます。

前の記事 »