長野県戸隠で暮らすフォトライターのクリハラさんによる、季節の花と地域の魅力を伝える「今日の一輪」をお届けします。

こちら長野県戸隠では、ホウレンソウやシュンギクなど、冬から初春の葉物野菜が出回るようになりました。とれたて新鮮な野菜たちは、さっと塩コショウをして炒めるだけで、その美味しさを引き出すことができます。

キッチンに好きな物や道具を置いておくと、気分が上がって、料理をするのがさらに楽しくなりますよ。お気に入りのスパイスミルのとなりには、アストランチアを飾ってみました。

セリ科のアストランチア。白、赤、ピンクなどの小ぶりな花を咲かせる、寒さに強い多年草です。とがった花びらが星のように見えることから「星に願いを」という花言葉を持っています。

たった一輪、さっと飾るだけで、キッチンに立つのが楽しくなります。塩コショウみたいななにげない工夫が、暮らしを美味しく、おもしろくするのだと感じています。キッチンに一輪、どうぞお試しください。

この花について

名前:アストランチア(アストランティア)
種類:セリ科アストランチア属
花期:5月〜7月
花言葉:「愛の渇き」「知性」「星に願いを」

【今日の一輪】の記事はこちら