探求者よ、君は心ふるえているか?ぼくはぼくの灯台を目指す
探求者よ、君は心ふるえているか?ぼくはぼくの灯台を目指す

いま、私たちの周りには、生きていく上での選択肢がたくさんあります。

しかし必ずしも正解が一つとは限らない時代だからこそ、自ら問いを立て、考え、行動する力が必要です。

動けばいつか、心ふるえる出会いがあり、世界は広がり、次なる一歩を踏み出せる──そんなふうに、百人百様の幸せに近づいていけると信じています。

だからこそ私たちは、たった一人の“私”から生まれる、ちいさな好奇心や違和感を大切にしたい。

個人的な題材から逃げず、そのつど問いを立て、表現をつうじて自分と向き合い続けたい。

心の声に耳を傾けて生きる人たちが、より幸せで納得感のある人生を送るために、近日中をもって「灯台もと暮らし」はリニューアルいたします。

“問いを立てて探求する実践者“が集まり読者と共に考え動くメディアへと、より深化できるよう準備中です。

「灯台もと暮らし」第二章を、どうぞ楽しみにお待ちください。

編集方針


・当事者性 / 常に自らの問いが起点であること

・三方よし / 独りよがりな問いではなく、取材対象者や読者に価値のある問いを投げかけ、一緒に考えていくこと

・探求者 / 自身だけでなく社会に良い影響を与えるために、表現すること。また「灯台もと暮らし」は表現の場であること。

灯台もと暮らし編集長
小松崎 拓郎