強く優しく生きるため、「言葉の一面」を探る

小山内彩希

「『緊張したくない』と思うほどに、緊張してしまうのはどうしてだろう?」。「『貴様』や『お前』といった字面だけ見るととても丁寧に感じる言葉は、どうして無礼な表現とされるようになったのだろう?」 言葉には私たちがまだ知らない「一面」がある。 言葉の一面を知ることは、言葉と切り離せない私たちが、強く優しくなれるきっかけとなるかもしれない。

この特集をよむ
特集一覧

新着記事

新着記事一覧

編集部のおすすめ

今月のテーマ

君は心ふるえているか?

心ふるえた、あの記事をもう一度。新生もとくらのコンセプトは「君は心ふるえているか」。2015年にスタートしてから今まで、約1,000本ある記事の中から「特に心ふるえた」ものを、編集部がピックアップしてご紹介します。

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を