長浜ローカルフォト

日常にある宝ものを見つけに。「長浜ローカルフォトアカデミー」がカメラをとおして見つめるもの

自分は今、どこにいるんだろう。 これから先、どこに向かって歩いていけばいいんだろう。 そう心がざわめくのは、目 […]

【宮崎県小林市】カフェを開く夢を追いかけ行き着いたのは、「そのひとがそのひとらしく居られる空間をつくること」|musumiオーナー・上岡唯子

小林市でカフェ「musumi」を営む上岡唯子さんは、20歳の頃から都内のカフェに通いつめ、お気に入りのお店が見 […]
森のキツネ

木工作家が暮らしを診(み)て家具を治す「家具乃診療所」をつくります【北海道下川町】

「ミニマリスト」なる言葉が出てきたのは、いつ頃のことだったでしょうか。 もとくらでも「場所をとわない働き方」特 […]
山本卓卓さん

好きじゃない。見たくない。でもその世界で生きてゆかねばならないなら?劇団「範宙遊泳」山本卓卓【アートに学ぶ#11】

2016年にはじまった、「ぼくらの学び」という特集。 わたしは「アートは誰かを救えるか」というテーマで、いろい […]

【宮崎県小林市】生産・加工・販売を一農家で実現する徳永農園の、「何度失敗しても、新しいことにチャレンジできる」理由

“農家さん”とひと口に言っても、「農家としてどこまでやるのか」は人によって様々です。 宮崎県小林市で徳永農園を […]
「蕎麦カフェ SCHOLA」

【福島県昭和村】「お店をやってみたい」。後押ししたのは、夫の自信と蕎麦への想いだった|「蕎麦カフェ SCHOLA」店主・酒井由美

子どもを育てながら、やりたいことに挑戦すること。 自身の「やりたいこと」を始めることで、家のこと、子どもと過ご […]
SHARE BASE

【福島県昭和村】遊びの可能性は無限大。アイディアが形になる秘密基地「SHARE BASE」に込められた想い

福島県昭和村に、一風変わったゲストハウスがあります。 名前は「SHARE BASE(シェアベース)」。 「皆で […]
森のキツネ

本当は捨てたくない─使い手の思いと家具を救う「森のキツネ」河野文孝【北海道下川町】

「灯台もと暮らし」では、たくさんのものづくりをしているひとたちに取材をしてきました。 彼・彼女の手のひらから生 […]
栗城さん

【福島県昭和村】生活のために始めた仕事でも「続ければ“誇り”はついてくる」かすみ草農家・栗城久登

仕事に誇りを持つ。 それは社会人として憧れる姿のひとつのように思います。 楽しいとか嬉しいとかだけじゃなくて、 […]
舟木容子さん

【福島県昭和村】居たいと思える場所に、居たいと思える人と

自分の気持ちに素直に生きていくことは大切だと思う反面、実際に行動するのは案外むずかしい。 そう思った経験はあり […]
前の記事 »