長野県戸隠で暮らすフォトライターのクリハラさんによる、季節の花と地域の魅力を伝える「今日の一輪」をお届けします。

拝啓 暑中お見舞い申し上げます。

梅雨が明けたとたんに、強烈な暑さとなりました。日中のクラクラする日差し、寝苦しい夜、さすがに身体に堪えますね。どうぞご自愛くださいませ。

さて、こちら長野県戸隠からは「初雪」をお届けします。

雪と言っても、冬に降るあの雪ではありません。わたしがベランダで育てているハツユキソウです。

真っ白な斑(ふ)入りの葉を、初雪になぞらえてハツユキソウと呼ばれています。暑さが厳しいこの時期に、涼しげな白い葉を揺らし、ほんの一瞬だけ、真夏であることを忘れさせてくれます。

どこのどなたが名付けたのかは存じませんが、季節に逆らうユーモアを感じる、とても好きな名前です。

もう夏が暑いのは仕方ないから、水分とミネラル、適切な休息と遊び心を忘れずに、乗りきろうと思います。

ところで、ハツユキソウを飾っても気温は1℃も下がりません。どうかご容赦のほど。

敬具

この花について

名前:ハツユキソウ(初雪草)
種類:トウダイグサ科ユーフォルビア属
花期:7〜10月
花言葉:「好奇心」「穏やかな生活」「祝福」

【今日の一輪】の記事はこちら