2017年秋に会社を辞め、世界一周の旅に出た写真家・ライターの佐田真人さん。「世界を旅したい」という憧れを現実にするための、最初の一歩を踏み出してから約5か月。東南アジア一周を終えたいま、佐田さんは何を思うのでしょうか。

憧れが現実に変わったとき、「あ、こんなもんだったんだな」と気持ちが冷めてしまう瞬間がある。

でもそれは決してネガティブなものじゃなかったんだ、と東南アジアを一周して改めて思う。

カンボジアから国境を越えてタイへ。馴染みあるコンビニやカフェ、地下鉄を見たとき、日本とさほど変わらない情景に懐かしさを感じた。

東南アジア一周を終えたタイミングで、タイから一時帰国することにした。しばしの休憩をとって、ふたたび日本を発つ予定だ。

久しぶりに日本へ帰れることが確信に変わった瞬間、全身の力がスーッと抜けていくような気がした。機内にひびく日本語をBGMに、タイの陸が小さくなる様子を眺めながら、東南アジアの旅を振り返る。

もともとやってみたかった「世界を旅しながら働く」ことを、憧れのまま終わらせないために旅へ出た。日本でサラリーマンとして働いてきた自分が、世界という舞台に立ったとき、個人としても生きていけるのか試したくなったのだ。

旅先で出会ったひとたちの人生に触れる機会が何度かあった。そして彼らもまた、夢と現実の間でもがいているように見えた。

この二つのギャップを埋めていくことは、かなり骨の折れる道のりだ。それでも彼らが充実しているように見えたのは、憧れが憧れのまま風化してしまうことへの恐れや、それを現実にすることの価値を知っていたからだと思う。

そして、僕にとっての憧れを現実にするための一歩は、やはり「旅」なのかもしれない、と感じた。好きなことを生きる術にしたいのか、やってみないことには分からない。自分にとって、それが「旅」だったのだ。

東南アジア一周を終えた直後は、どこか冷めた気持ちだった。むかし憧れた遠い異国の地は、驚くほど身近な存在になっていた。だけどようやく現実へと昇華できた実感が湧き、妙に嬉しかった。

そしてそれは次なる挑戦へのはじまりでもある。

機内の明かりが点き、「まもなく日本着陸」とのアナウンスがひびく。雲の中で輝く光が見えた頃には、すでに次の旅路を考えていた。

世界を旅する【今日の一枚】の記事一覧はこちら

現在鋭意執筆中…