いつもと暮らし

【今日の一枚】冬は、近くを見る季節

雲ひとつない青空はきもちいい。でも今日は寒いですね。

ポケットに両手を入れて、マフラーに顔をうずめてしまうくらいの寒さです。どうしても俯きながら歩いてしまいます。ずっと2.3歩先だけを眺めて歩いていると、積もった雪は、空の色を映し出しているように見えました。

冬は足元が明るい。近くにあるものがよく見える季節なのかもしれません。

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を