父としてありたい姿とは。出産と子育ての今から考える

小松﨑拓郎

パートナーとの会話に、いつしか「子ども」という言葉が登場するようになりました。 昨年からドイツで暮らすぼくは今、人生ではじめて子どものいる家庭、そして「出産と子育て」に目を向けています。

この特集をよむ

新着記事

新着記事一覧

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を