営みを知る

SPONSORED

「元気になって何をしたいか」を大切に、心と体をトータルケアしたい【宮崎県小林市】

地元を愛する心意気に惚れ込んで【宮崎県小林市】特集、はじめます。

病気や怪我をしたとき、「この人に診てもらいたい」と思う先生は、どんな先生ですか?

宮崎県小林市には、患者さんの心と体をトータルで診察し「元気になったら何をしたいか」というところまで気にかけ、アドバイスしてくれる先生がいます。

「シントータルボディケア整骨院」を営む山本新さんは、小林市で地域おこし協力隊を経て、昨年6月に整骨院を開業しました。

山本さんの元には、怪我をした患者さんから慢性的な体の不調に悩まされる患者さん、原因のわからない症状で悩む患者さんまで、さまざまな方が訪れます。

中でも、「ずっと病院にかかっているけど治らない、症状を繰り返してしまう」といった原因が不透明な患者さんが少なくないのだとか。そして山本さんもまた、原因が見えづらい症状に悩む患者さんと伴走する姿勢を一貫しています。

そこにはご自身がヘルニアに苦しんだ経験と、健康を維持するために「心と体の両方のケアを大切にしたい」という信念がありました。

(以下、山本新)

体全体を診ることで「自覚しづらい原因」にアプローチ

「シントータルボディケア」という名前は、僕の名前が新(シン)であることと、患者さんの心と体、全体を診る施術を心がけていることに由来しています。

トータルボディケアを心がけるのは、痛めたところにただ電気を当てて終わり、マッサージをして終わりでは、患者さんが訴える症状の根本治療にならないことが多いから。

最近の、特に若い方は、自覚できる症状とはべつのところに原因があったりするんです。

たとえば、仕事や人間関係のストレスが原因で、体全体の血流の流れが悪くなることがあります。すると、症状として腰痛や頭痛が出たりする。

だから来院した際に、患者さんは腰痛や頭痛を訴えるわけですけど。そこで電気を当てたり、マッサージをして終わりだと、一時的にリラックスできても日常に戻ればまた痛みを繰り返すことになってしまうんです。本当に治療しなければいけないのは、ストレスや血の流れの方だから。

根本の原因を洗い出すために、どんな患者さんに対しても、施術の前にヒアリングの時間を十分にとることを意識しています。

捻挫や脱臼のような怪我には、電気治療やマッサージ治療をしますが、原因がわかりづらいものに対しては、「オステオパシー」という療術で原因を洗い出し、治療しています。

オステオパシーは、アメリカ発祥の療術。人の頭はじつは微妙に振動しており、その動きから体の悪いところが診れるのだそう。頭に手を当てて体全体の動きを診ながら、頭蓋骨、仙骨を調整し、内臓を整える。

ヘルニアになったことから、整体師の道へ

僕の出身は京都で、小林に移り住む以前は、兵庫の西宮で働いていました。柔道整復師になろうと思ったきっかけは、企業で働いていた頃にヘルニアになったことです。

その企業で結構力仕事をしていたり、高校の頃は柔道をやっていたけど腰を痛めていたりして、25歳でヘルニアになってしまったんです。

ヘルニアになり、いろんな病院や整骨院に行きました。けれども結局よくならず、最後は手術をすることに。もう力仕事はできなくなってしまい、次は何をしようかな?と考え目指したのが、柔道整復師になることでした。

柔道整復師になろうと思ったのは、ヘルニアになって整骨院に通っていた頃、たくさん体の悩みを抱えている人を見て「治らないことで悩んでいる人がこんなにいるんだ」と実感したから。

自分がヘルニアで苦しんでいたこともあり、今度は治す立場になりたいなと思ったんです。

そこから柔道整復師の学校に通い始め、整骨院でアルバイトをしていました。卒業後はアルバイト先の整骨院に3年ほど勤務し、小林へ。

地域のライフスタイルにあった提案をしたい

小林に移り住んだのは、僕自身ずっと田舎暮らしをしたい気持ちがあったからです。

けれど、田舎で柔道整復師として就職となると、個人で経営されているところが多いので、なかなか雇用先が見つかりづらい。だからといって、いきなり移り住んだ土地で開業するのも難しい気がしました。

そんなとき、ちょうど小林市が「起業を前提とした地域おこし協力隊」を募集していたんです。「協力隊になれば、地域のことを知りながら開業の準備もできる」と思い、家族で小林に移住することに決めました。

協力隊として、小林マルシェの運営をしながら、社会教育課のプログラム・生涯学習で講座をしていました。具体的には、市民を対象に、姿勢の保ち方や歩き方をレクチャーし、健康に関する知識を高める取り組みなど。

同時に、開業に向けて物件を探したり地域の人たちに適した施術内容を考えたりなど、準備も並行してきました。

小林市は車社会なので、どうしても歩く機会が減ってしまう方が多いんです。運動不足で糖尿病になりやすかったり、高血圧の方も多い印象。食事や運動、そういった提案も一緒にしていかないと、怪我をしやすくなったり、病気にかかりやすくなったりします。

その地域の人の働き方や暮らし方にあった提案をしないと、腰痛や肩こりといった生活習慣的なものから生じる悩みは、なかなか解決しません。

治して終わりではなく、その人のライフスタイルに目を向けないといけない。それは小林に移り住んで、強く感じたことでした。

元気になって何をしたいか、を大切にしたい

シントータルボディケアは、患者さんが「元気になってしたいこと」まで叶えることを目標としています。

みなさん最初はヒアリングで「痛みが取れればいい」と言ったりするんですけど。よくよくお話を聞くと、たとえば「痛みが取れたら、孫と一緒に遊びたい」なんて言うんです。

そういった話を聞いていくうちに、元気になって何をしたいか、なんのために元気になりたいのか、やっぱりそこが本質なんだと思いました。

ですからその人の治したい気持ちの本質までちゃんと聞く。それを実現してもらうために、日々の過ごし方の提案もすることを心がけています。

やっぱり心が元気じゃないと、体にも影響するので。心の本質を大切にしながら、体全体を診る、心と体をトータルでケアすることを大切にしたいんです。

今、シントータルボディケアには、怪我をした人から慢性的な症状で悩む人、いろんな病院や整骨院にかかったけど原因がわからない人まで、幅広く来院してくれます。

僕自身としても日々、「どこの病院や整骨院に行っても治らない。症状を繰り返してしまう」という方々の支えになるような場所になれたら、と想っています。

(この記事は、宮崎県小林市と協働で製作する記事広告コンテンツです)

 

文/小山内彩希
写真/土田凌

感想を書く

探求者

小山内彩希

編集者・ライター。1995年生まれ、秋田県能代市出身。

詳しいプロフィールをみる
【イベントレポ】灯台もと暮らし大忘年会〜小林を選んでくれたひとがたくさんいるって気づけた〜(2/3) 【宮崎県小林市】「生甘酒と糀のおいしさを届けて、お米の魅力を底上げしたい」rice shop 糀や 杉元祐子

目次

特集記事一覧

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を