いつもと暮らし

【今日の一枚】おしとやかなべっぴんさんと

地元を撮影探検していてふらりと立ち寄った畜産農家のお宅。

ご家族のみなさんが「べっぴんさん」と呼ぶ彼女。柔らかな白い毛で体が覆われた、まだ若い牛でした。目元が少しピンク色で、まつげは長め。私の様子をうかがって、じっとこちらを見ているおしとやかな子です。

農家の人と同じ場所で生活し、暮らしを共にする運命共同体であるからこそ、彼女を「べっぴんさん」呼ぶ声には強い愛情があったように思います。動物と助け合いながら生きる暮らしは、見習いたいことのひとつです。

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を