いつもと暮らし

【今日の一枚】仕事のあいまに、一服

阿見町での畜産を営む暮らしは、それほど楽なものではありません。毎日家族全員が、朝から晩まで牛たちの世話をするのです。牛舎の掃除や餌やりの仕事をはじめて間近で見て、それは本当に終わりがない作業に見えましたが、仕事のあいまに一服することもあります。

「こんなところに来客なんて、本当に珍しいよ。ぜひゆっくりしていってくれ。」

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を