いつもと暮らし

【今日の一枚】まずは新年のごあいさつから

初日の出を拝みに、朝早くからダウンを羽織り、橙色の光を待つ人びとが大勢。

2015年は、この日の出とともに、『灯台もと暮らし』の出発です。

読んでくれている人の、これからの暮らしを考えるきっかけやヒントが載るメディアでありたいと思っています。

日が明るいうちは、みなさんと行きたい方向へ進み、日が暮れたら、半歩先を照らせるように。

立ち止まったときに、右も左も興味があるなら、どちらも覗いてみましょう。そうやって寄り道するのもいいし、斜め後ろに戻ってみることもできます。ときには進む方向なんて考えずに、波に流されてみるのもいいかもしれません。

一人ひとりが選べる時代の、ひとつの心の指針にしてもらえれば、と思います。

まずは新年のごあいさつから。
今年はどうぞ、よろしくお願いいたします。

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を