いつもと暮らし

【今日の一枚】旅立ちの日に、写真を見る

島を車で走っているときに、海の岸辺からカラスが飛び立ちました。羽ばたくカラスを見ながら、もうそろそろ旅立ちの季節であることを感じさせます。

節目をつけるという意味で、いままで何気なく撮ってきた写真を振り返ってみるのはいかがでしょうか。ほら、あのスマートフォンやデジカメの写真フォルダに入っているやつです。

写真はこれまでの時間を蘇らせます。ずっとあなたの視線の先にあったものが、無意識のうちに、しっかりと写し取られているのではないでしょうか。

そしてこれからも、写真との関わりはなくならないはずです。

美しい風景を撮った時に、その感動を伝えたくなる人は、あなたにとって大切な人。自然とその姿を撮りたくなってしまう人が、あなたにとって大切な存在なのだと思います。

今後もずっと、写真とともにいる人が、あなたにとって大切な人であることを願って。

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を