いつもと暮らし

【今日の一枚】これから迎える戸隠の春と鏡池

長野県、戸隠にある鏡池。戸隠といえば、戸隠そば、忍者の里あたりが有名ですね。

写真は夏の戸隠。ほとんど波のない湖水は、少しの曇り空でも山々を映し、シンメトリーの風景を演出してくれていました。辺りは音も聞こえない、静かな場所です。

宿泊した民宿のおばさんは、「戸隠は春がいいよ。春は山の命が生まれる時期だから、本当に綺麗ね。こんな山の中で暮らしているのは、ここの春が好きだからよ」と言っていました。

冬になると雪山になるため、標高の高い戸隠まではバスが通っていません。雪が溶けて春に向かうこれからの季節は、山の生命の息吹を感じることができるはずです。

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を