「この小松菜、いつものよりおいしいね」とその子は言いました。
「どうしてだろう?」と首をかしげながら。

坂ノ途中の野菜

「毎日食べる野菜がおいしくなったら、
すこしだけど、人生の質があがった気がする」とそのひとも言いました。

「なんでだろう?」と誰にともなく問いかけながら。

まかない

あのひとが作った野菜だからとか
誰々さんがこの野菜を包んだからとか、
彼がおいしいと笑っていたから、とか。

「顔が見えること」や「生産の背景」を、
みんながこんなにも大切に思うようになったのは、
一体いつの頃からだったでしょう?

田んぼ

京都府・京都市に本社を構え、そこから「小さな農家さんの野菜」を
全国に発送している会社があります。

名前は、野菜提案企業「株式会社坂ノ途中」。

「まるで長いながい坂を登っているかのような、
農家さんたちのよきパートナーでありたい」

という願いからその企業の名前は生まれたそう。

坂ノ途中

個人宅配、店舗販売、飲食店への卸売。
農場経営、発展途上国での有機農業の普及活動、
はては震災でこまった「農家の移転」まで手伝う会社。

農家さんと手をつないで、いっしょに未来を歩いてゆく。

坂ノ途中soil経堂

彼らが実現したい未来は、
「環境負荷の小さい農業を実践する、農業者を増やすこと」。

農薬や化学肥料に大きく依存した農業をやめ、
環境への負担が小さい農業を広げてゆく。

それができたら、きっと農業はもっと持続可能なものになるし、
社会だって、持続可能な仕組みを持つでしょう。

だから、会社のコンセプトは「百年先も続く、農業を。」

安心・安全の、もっと先。
「未来からの前借りをしない世界」に近づくための。

すずかぼちゃ

生きものがいっぱいの豊かな土と農業を、
次の世代と、その先の世代まで、みんなでいっしょに継いでゆこう。

おいしい野菜を毎日食べたら、もっと楽しい未来に出会えるはず。
【京都府・野菜提案企業 坂ノ途中】特集、はじめます。

松田さん 安田さん 狩野さん田中さんアイキャッチA坂ノ途中のオフィスの様子南青山野菜基地にて

坂ノ途中のオフィスの様子坂ノ途中の小野さん

────────

sakanotochu-6sakanotochu-7

sakanotochu-5 sakanotochu-11

sakanotochu-9sakanotochu-13 sakanotochu-12 sakanotochu-10 坂ノ途中soil経堂

坂ノ途中・出荷場にて

坂ノ途中・定期宅配便

まかない盛りつけ中

まかないを食べているところ

(この記事は、株式会社坂ノ途中と協働で製作する記事広告コンテンツです)

文章:伊佐知美
写真:タクロコマ(小松﨑拓郎)

【京都・坂ノ途中】特集の記事一覧はこちら

ほかの記事も、鋭意執筆・制作中……