風が吹くのは、どこからだろう。
新しい風が吹くのは、いつだろう。

今か、昔か、前か、後か。

「風が起こる瞬間」は、あるのだろうか?

風を待つのは、簡単。誰かが起こした風に、乗ることも重要。
でも、風を起こすことができる人、できるタイミングは、わずかなのかもしれない。

岩手県遠野市ゲストハウス予定地 岩手県遠野市の森

遠く、遠野の地から、灯りがぽつり。
風が、ざわり。

山々に囲まれ、城下町として栄えてきたこの場所で、今、時を超え、立ち止まり、「戻る」という進化をすることを決めようとしている人がいる。

変えない、変わらない、進む、戻る。
昔から、選択肢は無限にあって。

岩手県遠野市の丘の上から見た風景

「この場所を、日本で一番の里山にしたい」

発した声は、すでに吹く風にかき消されたこともあったけれど。

かつてあった景色は、「当たり前」でなく、「今」は「過去」の贈り物。

叫び続けていたら、いつしか人の耳に届き、何を言っているか認識され、そして幾人かが振り向き、横に並んでくれていた。

まちを、変えよう。

変えるなら、まずは自分から。

信念を持って、生きる人。
その周りに集う、新たな人。

もうすぐ、今を変える風が吹く。【岩手県遠野市】特集、はじめます。

DSC_0561 菊地夫妻 渡辺敦子さんと林さん 佐々木悦雄さん matsuda_naruhito4 Bakery maruの店主、菊地真由子さん
「on-cafe」店主・菊池れいこさん 古屋弥右エ門と山田さん 自然栽培のりんご DSC_0873 (1)

【岩手県遠野市】特集の記事一覧はこちら

岩手県遠野市マップ

岩手県遠野市の線路

(イラスト:犬山ハルナ