「ていねいな暮らしを」という言葉が世の中にはびこって、久しい今日。

どうしたらもっと、気持ちよく暮らせるんだろう?ときっと誰もが思っています。

「たとえばそれは一枚のタオルから始まるのかもしれない」。
その提案は、みなさんの耳にどう響くでしょう。

IKEUCHI ORGANIC のタオル

ふわりと顔をうずめたその瞬間。
手がふれただけで、何かが違うと気づく。

オーガニック120

本社工場や直営店で使用する電力の100%を風力発電でまかなう、
環境負荷の小さな「風で織るタオル」。

創業120周年を迎える2073年までに、
本気で「赤ちゃんが食べても大丈夫なタオル」をつくる。

父から継いだ2代目社長の座を退き、2016年代表に就任した池内計司さん。
会社も時代も変わってゆく大きな節目の中。

「これでだいすきなモノ作りに専念できる」
と笑いながら言ってしまうような代表の人柄に、みんなが惹かれる。

ikeuchi (16 - 16)

IKEUCHI ORGANIC 株式会社

企業の名は、愛媛県今治市に本社を置く、創業64年の「IKEUCHI ORGANIC」。

imabari (1 - 1)-4 imabari (1 - 1)-17 imabari (2 - 2)

もう一枚。
もう一度。
このしあわせを、あのひとにも。
そしてまだ知らない誰かにも。

もし、商品に惚れ込んだら。
いつしか違うところに眼がむいてゆくようになる。

オーガニックベビー

「どうしてこんなに質がいいのか」
「なぜオーガニックにこだわるのか」
「環境負荷の少ないモノ作りとは一体」

そして、「想いから生まれたタオルが築く、世界を変えうるかもしれない仕組み」に触れたとき。

一枚のタオルが、私たちの暮らしを。
そしていつか世界を、変えてゆくかもしれない。

【愛媛県今治市・IKEUCHI ORGANIC】の企業特集、はじめます。

神尾さん

松田さん牟田口さん

きくがわさんsokabe (1 - 15) ハシダさん・アベさん

工場の様子

工場の様子 工場の様子

IKEUCHI ORGANIC-yano (4 - 11)

IKEUCHI ORGANIC 山鬼さん

IKEUCHI ORGANIC益田さん

阿部さんikeuchi (14 - 16)

今治の海

(この記事は、IKEUCHI ORGANIC株式会社と協働で製作する記事広告コンテンツです)

【愛媛県今治市・IKEUCHI ORGANIC】の記事一覧はこちら

そのほかの記事も、鋭意制作中……