いつもと暮らし

【今日の一枚】光を探して見つけた新芽の色

田んぼに囲まれて育った人には、懐かしい、あるいはいつもの光景だと思います。田植えを行ったばかりの新芽の色は、透き通るような黄緑色になりますよね。

光と成長盛りの葉が組み合わさると、それは12ヶ月のなかでいちばん美しい時期だと思えるくらい、心に残るシーンとなります。それだけ、「光」は写真に大切な存在です。

写真を撮る人は「光を操る人」と言う人も多いです。印象・テーマなどのすべてを、光を駆使して柔軟に変えていきます。しかし、写真を撮っている人は光を操ることよりも、根本的には光に惹かれ、ただ明かりを探しているのだろうと思います。

写真を撮りたくなった時には、まずは惹かれる光を探して歩いてみてはいかがでしょうか? 被写体は、光を感じていれば見つかります。この写真を撮影した時も、光に感動していたと記憶しています。

それが撮ることを楽しむ方法ではないでしょうか。

この記事の裏話をnoteで限定公開中!

感想を書く

探求者

小松﨑拓郎

ドイツ・ベルリン在住の編集者 / フォトグラファー。茨城県龍ケ崎市出身、→ さらに詳しく見る

詳しいプロフィールをみる

探求者

目次

感想を送る

motokura

これからの暮らしを考える
より幸せで納得感のある生き方を