ダンス、演劇、音楽劇などのパフォーミングアーツが好きな私(編集部・立花)が掲げた問は、「私はアートで救われるのか」。「私は何者なのか」という不安や焦燥感、そして「何を言ってもどうにもならない」という社会のぼんやりとした諦めと閉塞感から脱するために、アートが今できることや、アートが必要な意味について、学びます。

東海道線の電車に乗っていると東静岡駅が近づくにつれ、静岡県コンベンションアーツセンター(通称グランシップ)が見えてきます。

この建物の先端部分に、日本初の公立文化事業集団「SPAC – 静岡県舞台芸術センター」は拠点を構えています。

演劇専用の劇場や稽古場を持ち、俳優や裏方、制作スタッフまで一箇所で活動しているのは、じつは日本ではここだけ。

「私はアートで救われるのか」。私(編集部・立花)が、その問を追いかけるうち生まれた、どんなふうにアートがつくられ、ひとの手に渡るのかという新たな疑問。そのひとつの答えが、「SPAC – 静岡県舞台芸術センター」にはありました。

SPAC – 静岡県舞台芸術センターとは

公益財団法人静岡県舞台芸術センターは、通称SPAC(スパック)と呼ばれます。今回のこの記事では、SPACの愛称で統一したいと思います。

グランシップ
SPACが拠点を構える、グランシップ

SPACは、1997年に初代芸術総監督である演出家の鈴木忠志さんのもとで誕生しました。その後、様々な演劇作品をつくり、海外からの招聘を受けるなど話題を集め、2007年には宮城聰さんが二代目芸術総監督に就任しました。

宮城聰さん
宮城聰さん

毎年、4月~5月のゴールデンウィークの時期には「ふじのくに⇄せかい演劇祭」という国際演劇祭を開催し、SPACの新作をはじめ、ヨーロッパやアジア各国の劇団やアーティストを招いて、公演を行っています。

また、10月になると「SPAC秋→春のシーズン」として3月までの長期間、SPACの演劇作品を楽しむことができます。

SPACの劇場

SPACの劇場には演劇の幕開けの際などに使われる緞帳(どんちょう)がない
グランシップの中にある静岡芸術劇場には、観客との距離を近づけ、演出効果に幅を利かせるために作品の幕開けの際などに使われる緞帳(どんちょう)がない

SPACは、静岡芸術劇場とそこから車で10分ほど離れた舞台芸術公園(以下、芸術公園)にも拠点を持っています。そこにも、俳優たちの稽古場、創作・技術部スタッフが作業する衣裳部屋や大道具の創作・保管ができる場所が揃っています。芸術劇場と芸術公園で、SPACの創作のための設備をすべて網羅しているのです。

芸術公園には、海外から作品を招聘した際などにアーティストたちが滞在できる宿泊施設も整っています。

静岡県舞台芸術公園のようす。敷地内にはところどころに茶畑が
舞台芸術公園のようす。敷地内にはところどころに茶畑が
静岡県舞台芸術公園
舞台芸術公園にある宿泊棟
静岡県舞台芸術公園
野外劇場「有度」
屋内ホール「楕円堂」
屋内ホール「楕円堂」
舞台芸術公園内の稽古場棟「BOXシアター」
舞台芸術公園内の稽古場棟「BOXシアター」。窓からはすぐ近くの茶畑が見える

SPACは、こうした潤沢な設備と広々と使える土地、そして人材が揃っているからこそ成り立つ事業だと言えそうです。

SPACは日本初の公立文化事業団

既に何度か言及していますが、SPACの大きな特徴は、日本で初めての公立文化事業団という点です。簡単に言うと主に税金を使って、劇団の運営・企画・公演費をまかなっています。日本の演劇界では、劇団が公演ごとにチケットを売って収益を得たり、企業が出資してプロデュースや後援としてついて、作品をつくるというのが一般的です。前者の方法では経営が苦しい劇団も多く、役者や裏方たちはアルバイトをしながらなんとか演劇をやっていく、という現状も少なくありません。

若手の俳優の育成から中高生向けの事業展開まで、静岡を拠点に積極的に演劇の世界を広げているSPAC。ヨーロッパではむしろ公立の文化事業として演劇を行うのは一般的ですが、その仕組みを日本で運用するには、かなりの試行錯誤と葛藤、そして壁があるように感じます。

画期的でもあるけれど、だからこそ大変なこともあるはず。私は、SPACの活動を調べるうちに沸いてきたいくつかの疑問を、思い切って芸術総監督の宮城さんにぶつけてみることにしました。

公共事業にすることで表現の自由に制約は生まれますか?

── SPACは、公共が行う芸術事業ですよね。税金を使って演劇をやるうえで表現に制約は生じるのか、とても気になりました。

宮城 聰(以下、宮城) 生じると思いますね。

── 公共事業としてやる上での良い点と、悪い点をおうかがいしたいです。

宮城 まず、良い点で言うと、いろいろなジャンルの作品をつくることができるという点です。

これは、公共か公共じゃないかというよりは、首都圏かそうでないかという違いかもしれないけれど、東京には劇場がたくさんあって、どの劇場がどういうテイストの作品をやっているか、既にだいたい分かれています。誰もが安心して笑えるような演劇をやる劇場と、観るとひとによっては生理的拒否感を覚えるような演劇もやる劇場とか(笑)、それぞれ傾向があるんです。

── たしかになんとなく「あの劇場はいつも不条理な演劇をやっているな」などという、各劇場に対するイメージはあります。

宮城 「観たら気分が落ち込むかも」とか「思い切り笑わせて欲しい」とか、ある程度作品の性質が分かった上で観に行きます。東京では、その劇団なり演出家の表現を見たいと思っているひとしか観に来ない傾向があるんですね。明確な傾向や作品の色を決めていないと差別化できませんし、誰も観に来てくれないからです。

── 埋もれてしまうんですね。

宮城 でもSPACは、静岡でたった1つの演劇専用劇場です。だから、県内で本格的な演劇を観たいひとは、ここに来ます。その演劇を観たいひとというのは東京の劇場と違って、いろいろな作品を期待している方々です。コメディを観たいひともいれば、シリアスな演劇を観たいひともいる。我々は幅の広い多様なお客さんが来るということを前提に、作品をつくらなければなりません。これは本来の公立劇場の性質であり、いい意味での制約だと考えています。なぜかというと、作品をつくる側にとっては、お客さんが多様ということは表現を工夫しなければならないため技術や思考を広げてくれることを意味するからです。

年配の女性だけがウケる演劇もできなくちゃいけないし、子どもたちが楽しめる表現もできなければならない。表現者にとっては難しい宿題ですが、振り幅が広い分、とても勉強になります。

── 得意分野だけに特化するわけにはいかないということですね。

宮城 はい。一方、SPACは税金を使ってやっている事業ですから、「どうして税金を使ってこんなものをやっているんだ」と言うひとがいるのではないかということは、常に念頭においていなければなりません。

腹がよじれるほど笑える作品をやっても、必ず笑えないひとがいるように、僕らのやっていることを100人中100人全員が賛成して受け入れてもらえるわけではない。そのことを忘れてはいけないと思っています。

── そうですね。

宮城 論争が起こるような作品をやっても、それが地域にとってプラスになる場合もあります。論争が起こるような問題をあぶり出すことに価値があるかもしれない。でも、そうではない可能性もある。たとえば、なんとなく50%のひとが「この公演をやるのは反対だ」という場合、取りやめたほうがいいのか、それとも演劇をやるべきなのかは考え続けなければなりません。そうしないと、自主規制をしてばかりでどんどん縮こまってしまいます。

── 見極めどころが難しそうです。

宮城 「税金を使ってやるなら、商業的なフレームではできないような賛否両論を呼ぶような演劇をやるべきだ」というところまでは、コンセンサスは得られていません。世界にはそういう公共劇場もあるけれど、現時点の日本では観客からの批判が出ないものをやってほしいという要請が強い傾向があります。反対意見が出ないものをやってほしいという、気分のようなものと言ったらいいかな。

── その演目のバランスは、どんなふうにとっているんでしょうか。

宮城 世の中の動きや、各国で行われている演目を見ながら割合を決めます。日本には、あまり参考になる例がない中で、演目をやるにはどういう包み紙(見せ方)をすればいいかを考えるんです。例えば、かなりチャレンジングな、ちょっと過激なものがあるシーズンは誰もが知っている取っ付きやすい演目も盛り込んだり。

誰からも批判されないような演劇は、何も言っていないということになりかねません。あってもなくてもいいような演劇をやるなら、やらないほうがいいと僕は思う。

── SPACのような運営方法や仕組みは、ほかの地域では取り入れられないのでしょうか? SPACが立ち上がった1997年から未だに公立文化事業団がここだけというのは、なんとなくもったいない気がします。

宮城 各地域の行政の考え方や予算の規模が関わってくるので、まったく同じようにはできないけれど、以前よりは少し似た感じの劇場は増えてきたように感じます。長野県の松本にあるまつもと市民芸術館新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ、それから専属の劇団がいるわけではないけれど、演出家・俳優である白井晃さんが芸術監督を務めている神奈川芸術劇場など……仲間が過ごしずつ増えてきました。それは大きな変化だと思います。これからも試行錯誤しながらですが、作品として良質なものを届けていきたいと思っています。

表現の自由への責任と葛藤

現在、SPACでは「SPAC 秋→春のシーズン 2016 – 2017」を開催しており、今まさに宮城さんが演出されたシェイクスピア作品を上演中。1月〜2月は新作「シェイクスピアの『冬物語』」、そして2月~3月には再演を重ねるヒット作『真夏の夜の夢』が続きます。

SPACでは、「秋→春シーズン」で上演するSPACの舞台を2〜3年観ていると、自然と世界の演劇のことがわかるようなプログラムを組んでいます。(こういう劇場は日本中で静岡にしかありません!)日本演劇の古典的名作と、現代の傑作。そして海外演劇の古典的名作と現代の傑作。これを観ることで「世界の中の日本」と「歴史の中の現在(いま)」がわかるプログラムです。(宮城聰さんのコメントより引用)

演劇やアートの本を読んだり、業界の方々の話をうかがったりしていると、中には「苦労は味わえるだけ味わい、それも演技の糧にしろ」という風潮もあるように感じます。そういう意味でいうと、SPACはある意味「守られている環境」に見えるかもしれません。

ですが、どんな環境であれ、ひとに何かを届ける、表現するというのは苦労や痛みが伴うものです。それでも、伝えたいひと、受け取りたいひとがいる限り、SPACのチャレンジは続きます。

表現の自由と、そのギリギリへの挑戦がこれからも続き、やがて日本全体に広がっていきますように。

SPAC – 静岡県舞台芸術センターについて

SPAC – 静岡県舞台芸術センター(Shizuoka Performing Arts Center)
住所:静岡市駿河区池田79-4
電話番号:054-203-5730
公式サイトはこちら

【ぼくらの学び】特集の記事一覧はこちら

くいしんの学び

タクロコマの学び

立花の学び

ほか多数執筆中

現在鋭意執筆中…