オレンジ色のラインが目印の、JR中央線。東京のド真ん中を突き抜け、東から西へ一直線に走ります。

スーツを着た社会人、制服を着た中高生、おしゃれな大学生、ベビーカーを連れて乗り込む家族……様々な人々が行き交うこの中央線沿いの駅のひとつに、一際異彩を放つ町があります。

西荻窪駅

アクセスには困らない荻窪駅と、例年「都内で住みたい街」に選ばれる吉祥寺駅の間に、ひっそりと駅を構える「西荻窪駅」。そこは、土日になると鈍行電車しか停車せず、改札はひとつだけの、こじんまりとした町。

「ニシオギ」の愛称で親しまれるこの地域は、ぜんぜん派手じゃないし、都会っぽい小洒落た感じもない。でも、西荻はそんなこと気にしません。毎日地元の人と、わざわざ遠くから西荻を目指してやって来る人で賑わいます。

西荻窪

どこへ行くにも便利な立地で、でも都会のせわしなさからは切り離された西荻。一度別の場所へ引っ越した人がまた戻ってきたり、生まれてこの方西荻から出たことがない人などが住む、多くの人にとっての「帰る町」。

けれど、生活の拠点になったとたん、地域の魅力を見過ごしてしまうこともあります。せっかく毎日暮らしているのに、ルーティーンに埋もれていくのは、もったいない。

なぜなら西荻は、どんなわたしも受け入れてくれる町。だから、日々の暮らしは良いことばかりではないけれど、また新しい一日をここから始められるのです。

赤い鼻

田毎

小高商店

東京トラスト

奥秋夫妻

ほうぼう屋

ていねいに、

スナック紅,西荻窪

西荻窪クラフトビール屋Project

「住んでいる町を楽しむ」。そんなことを、西荻窪という場所から始めてみませんか。

【西荻窪】の記事はこちら

  1. 【西荻窪・はじまり】迷わず飲めよ、飲めば分かるさ!㈱東京トラスト川邊社長の愛の町
  2. 【西荻窪・引っ越し前】どこで暮らす?レトロ、風呂無し、不思議な間取り…「住めば都」を求めて
  3. 【西荻窪・朝】ごはんを毎日「ていねいに、」食べよう
  4. 【西荻窪・夕方】住人の胃袋を支える八百屋「小高商店」で美味しい旬の食材を
  5. 【西荻窪・深夜】終電はもう関係ない。ほろ酔い女子のはしご酒
  6. 【西荻窪・夜】まがいものの町、西荻へようこそ。夜は「スナック紅」にいらっしゃい
  7. 【西荻窪・時々】地図だけでは分からない、魅惑的な曲がり角たち
  8. 【西荻窪・毎日】駅北へ散歩 – どこへ行っても「何かある」町 –
  9. 【西荻窪・未来】変わりゆく、銭湯の暮らしにおける役割を「天徳湯」から考える
  10. 【西荻窪・日常】に来たらまずは「西荻案内所」に行ってみよう
  11. 【西荻窪・毎日】駅南へ散歩 ―旅立つ人を見送る、熟成カレーみたいな町―
  12. 【西荻窪・時々】駅から徒歩10分圏内の、暮らしに溶け込む個性豊かな本屋さん
  13. 【西荻窪】元スタジオジブリのアニメーターがつくる、身体と心が休まるササユリカフェ
  14. 【西荻窪】町を知れば暮らしがもっと楽しくなる。住む町ガイド「西荻ニクラス不動産」
  15. 【西荻窪】人とモノをぐるぐる循環させよう。「Northwest-antiques」で気軽にアンティーク家具を楽しむ
  16. 【西荻窪】雑貨食堂「六貨」店主が語る。愛すべきヘソ曲がりの西荻上手な住人でありたい
  17. 【西荻窪】お母さんになった「雑貨食堂 六貨」の店主が考える、ずっと使いたくなる「道具」とは?
  18. 【西荻窪】“せざるを得ない大人”の真面目なアソビ場。ブックカフェ「beco cafe」
  19. 【西荻窪】古民家スペース「松庵文庫」に集まる変わらない暮らし、声と音
  20. 【西荻窪】さあページをめくろう。町の本屋「今野書店」から始まる小粋な読書
  21. 【西荻窪】15年愛される古本屋「古書音羽館」がセレクトする本の秘密とは
  22. 【西荻窪】夫婦でつくる変幻自在の自由空間「カイテン」(元:マッテとポッケ)
  23. 【西荻窪】こだわりの味をお持ち帰り。ちょっぴり上級者向けの西荻昼散歩
  24. 【西荻窪】って、ぶっちゃけどんな町?男女7人座談会で夜な夜なおしゃべり
  25. 【西荻窪】なんとなく帰りたくないの。夜に寄り道したい秘密のお店

この特集の裏話をnoteで限定公開中!